カナの婚宴   礼拝メッセージ

 「カナの婚宴」 ヨハネの福音書2章1~11節

 

 イエス様は郷里ナザレの近くのカナという村で最初の奇跡を行われました。

 

 それは、結婚式の途中でお祝いの葡萄酒がなくなった時のことでした。

 

 マリヤがイエス様に葡萄酒がなくなったことを告げると、イエス様は

「そのことで私とあなたに何の関係があるでしょう。私の時はまだ来ていま

 せん」と答えました。しかし、マリヤは手伝いの者達に、イエス様の言わ

 れる通りにするように、と伝えます。

 イエス様は僕たちに水瓶に水を満させて、その水を葡萄酒に変えました。
    

 ちぐはぐな会話と行動ですが、実はここに大切な意味があります。

    

 マリヤは、息子であるイエス様に困窮を訴えたのでした。
 しかし、イエス様はすでに公の生涯に入っていて、マリヤの息子としての

 イエスではなく、神のひとりごメシヤとしての歩みを始めていたのです。
 イエス様は、決して個人的な理由で奇跡を行ってはいません。

 神の力を用いるのは福音宣教のためであり、その時(十字架)への道備えだ

 からです。


 それにもかかわらず、イエス様は水を葡萄酒に変えるという奇跡を行われ

 ました。それは、はマリヤに頼まれたからではなく、独自の判断で婚宴を

 祝福したからでした。
 今生きている人々の日常生活を祝福し、結婚式と言う人生最大の祝宴を喜

 んで積極的に祝福してくださったのでした。
 

 マリヤはまさかこういう結果になるとは思っていなかったことでしょう。

 ただ、今の状況を訴えて、結果的にイエス様の心を動かしたのでした。
    

 私達も信仰をもって必要を神様に申しあげる時、新しい展開を見ること

 でしょう。