キリストの昇天

キリストの昇天

使徒の働き1章826節  5.17

  

   イエス様の生涯は初めから終わりまで奇跡にみちています。

降誕、奇跡、復活、そして最後に昇天です。

   昇天にはどんな意味があるのでしょうか。

 

 イエス様は、食べたり、釘の跡がある等、霊や幻ではない肉体で復活されました。

 しかし、閉じた部屋に入って来たり、急に見えなくなる等、私達と全く同じ肉体で

 はない面もありました。

 

 昇天されたのは、この霊の体で起きたことでした。

 イエス様は、神の御子として地に来られ、神の国の到来を告げ、十字架で人類

 罪を身に引き受けて罪からの解放を与え地上での使命を完全に終えました。

 こうして、父なる神と共に世を統治するという、初めの秩序に帰られたのです。

 

 昇天には二つの約束が伴っていました。

 第一は再臨の約束です。主はもう一度地上に帰って来られます。

 第二は聖霊降臨の約束です。

 私が去っていかなければ聖霊は来ない言われたとおりです。(ヨハネ16:7)

 

 こうして、福音宣教は弟子達に全面委任され、新しい時代が到来したのでした。